2018年 7月 19日 (木)

株価8300円割れ 金総書記死去が影響 ドル買いも

印刷

   東京株式市場の日経平均株価は2011年12月19日の終値で前日(16日)比105円60銭安の8296円12銭となり、11月28日以来約3週間ぶりの8300円割れとなった。

   正午すぎに北朝鮮の金正日総書記の死去が伝えられると、韓国の株式市場が下落。それを受けて東京市場でも下げ幅を拡大し、一時は前日比129円46銭安の8272円26銭まで下落した。

   一方、為替相場は正午すぎに1ドル77円後半から78円後半へと、円を売ってドルを買う動きが活発になった。金総書記の死去が報じられた12時15分すぎからドルが急騰。一時1ドル78円15銭をつけて、30銭近く円が下落した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中