2018年 7月 19日 (木)

本の自炊代行業者を著作権侵害で提訴 作家の東野圭吾さんら7人

印刷

   本をスキャンして電子化する自炊代行行為について、作家の東野圭吾さんら著作権者7人が2011年12月20日、著作権侵害があるとして、業者2社を相手取ってその差し止めを求める訴訟を東京地裁に起こしたことが分かった。

   提訴したのは、東野さんのほか、作家の浅田次郎さん、大沢在昌さん、林真理子さん、漫画家の弘兼憲史さん、永井豪さん、漫画原作者の武論尊さん。訴えられたのは、東京都新宿区の「スキャン×BANK」と川崎市の「愛宕」。東野さんらは、違法行為が横行すると小説家や漫画家の職業が成り立たなくなるなどと主張している。業者側は、報道機関の取材に、訴状が届いておらずコメントできないなどと答えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中