武器輸出三原則、政府が緩和決める

印刷

   武器の海外移転を禁じる武器輸出三原則について、政府は2011年12月27日、首相官邸で開いた安全保障会議で緩和することを決めた。

   そこでは、戦闘機などの国際共同開発に参加することや、国連平和維持活動(PKO)などで装備品供与を可能とすることなどの新基準を設定している。これまで、防衛省では、中国やロシアが軍備増強を進めていることから、武器輸出三原則の緩和を求めてきた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中