山岡消費者相の「ユーロ破綻」発言が波紋

印刷

   山岡賢次国家公安委員長兼消費者担当相が「近々、ユーロは破綻するんじゃないか」などと発言していたことが分かり、波紋を広げている。

   山岡氏の発言は2011年1月5日に行った内閣府職員への年頭訓示の中であった。山岡氏はさらに、「中国のバブルも破裂する可能性がある」とし、「金融・経済の大津波がやってくる」との見方を示した。

   この発言について、山岡氏は6日の閣議後会見で、「緊張感を持って職務に当たるべきだとの趣旨だった」と釈明し、「誤解を与えるなら撤回にやぶさかではない」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中