「ほとんど子どもの悪口レベル」 「紫頭」浜氏が橋下市長に噛みつく

印刷

   大阪市の橋下徹市長が、ツイッターでの「戦線」を拡大させている。浜矩子・同志社大学大学院教授を「紫頭おばはん」呼ばわりして後に撤回する一方、浜氏は週刊誌上で、「(ツイートは)子どもの悪口レベル」と反撃。そんな中でも橋下氏は、矛先を向ける相手を次々に増やしているのだ。

   橋下氏は2012年1月3日の書き込みで、自分がコメントする分野に関する専門知識や実務経験がないままコメントする大学教授を激しく批判している。

「議論と呼べるものではありません」

   この時に橋下氏が矛先を向けたうちのひとりが浜氏で、「浜と言う紫頭のおはばん」とも揶揄した。容姿についての発言は後に撤回・謝罪しているが、

「税金で養われてる大学教授としてのあなたたちのコメントには納得できません」

と、対決姿勢を崩していない。

   一方の浜氏も、1月11日発売の週刊文春1月19日号で、

「ツイッターでの彼の発言はほとんど子どもの悪口レベルで、議論と呼べるものではありません」

とバッサリ。「紫頭おばはん」発言については

「紫頭は事実だから別にいい(笑)、それを悪口だと思っているとすればお子様的である」

とかわしながらも、

「どうも橋下氏には自分と意見を異にする者は寄せつけさえしないという姿勢が一貫しているようです」
「外から、為政者とは違う視点、違う立場で疑問や問題を提起することが、エコノミストや学者、ジャーナリストの最も重要な役割なのです。それがなくなればバランスのある社会を維持していくころは出来ず、独裁や全体主義を招きやすくなる」

と、橋下氏に反論している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中