2012年度のGDP実質2.2%成長 政府見通し

印刷

   政府は2012年度の経済見通しを、2012年1月24日の閣議で決定した。国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年度比2.2%増と予測した。名目は2.0%増とした。

   東日本大震災からの復興需要が内需を底上げするほか、欧州の債務危機に揺らぐ世界経済が着実に回復するとみている。

   12年度の消費者物価指数(CPI)は、4年ぶりに前年水準を上回ると予測、0.1%上昇との見通しを示した。総合的な物価動向を示すGDPデフレーターは前年度(1.8%下落)からマイナス幅を縮めるものの、0.2%の下落と予測した。

   一方、23~24日に金融政策決定会合を開いた日本銀行は、11年度のGDP見通しを従来のプラス0.3%からマイナス0.1%に下方修正。12年度もプラス2.2%からプラス2.0%に、予測を修正した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中