福島2号機、格納容器内の水位は60センチ

印刷

   東京電力は2012年3月26日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内に内視鏡を入れて調査を行ったと発表した。格納容器内にたまった冷却水の水面は、容器の底から60センチの位置にあった。当初、水深は4メートル程度あるとされたが、これを大きく下回った。冷却水の温度は48.5~50度だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中