2022年 7月 6日 (水)

大阪市議はどんだけエライ 「靴のまま机に足」で幹部職員を罵倒した

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大阪市議は市職員にどんな態度で接しているのか。中には「靴を履いたまま机の上に足を乗せて」職員を罵倒する市議もいるようだ。

   大阪市の管理職に実施したアンケート結果によると、関係議員の会派は不明だが、「市議のモラルの低さ」や「入札をめぐる圧力」などを指摘する声が続々と寄せられた。以前には、大阪維新の会の市議の態度の大きさを問題視するメールが橋下徹大阪市長に届いたこともある。

入札予定価格の「強制的聞き込み」も

大阪市議のモラルに疑問の声が上がっている。
大阪市議のモラルに疑問の声が上がっている。

   大阪維新の会市議団は2012年3月26日、維新の会に限らず全市議による口利き行為などに関する無記名の職員アンケート結果を発表した。課長代理級以上の約2700人を対象としたが、回答があったのは216人分だった。

   回答があったうち、議員とのやりとりで「心理的・物理的負担を感じたこと」が、「ある」と答えたのは半数近くに及んだ。また、3割強が、「議員の社会的モラルやマナーの程度が低い」と感じたことがあると答えた。

   具体例では、保育所入所に関連し、議員から「書類を差し替えてでも」特定人物の子どもを入れるよう迫られた話などが挙がった。ほかに、入札予定価格の「強制的聞き込み」といった問題行為を指摘する記述もあった。靴を履いたままで足を机の上に乗せ、職員を罵倒した議員もいたという。

   議員の名前や所属会派、問題のやりとりがあった時期ははっきりしない。また、書かれた内容がすべて事実かどうかは不明だ。

   しかし、維新の会市議団によると一部には、働きかけた議員は維新の会とみられるやりとりも報告されている。「大阪都構想に理解を示せば、(大阪都が実現した後、)都庁職員に推薦する」といった例だ。一方、支持団体名から他会派の市議とみられる口利き行為の記載もある。

   維新の会市議団が調査したのは、2月に橋下市長に届いた市職員からのメールがきっかけだ。メールでは、維新の会の大阪市議について、

「接触が1番程度が低く、露骨」「内容を言わず呼びつけ、支持者を連れてきて我々を詰問する」

などと指摘し、「特に若い議員」の「マナー再教育」を訴えていた。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中