2019年 9月 19日 (木)

ガソリンはさらに4~5円値上がりする 高騰に頭を抱える外食産業や観光業

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   外食産業や観光業が頭を抱えている。原因は、高騰するガソリン価格だ。

   石油情報センターが2012年3月28日に発表した全国のレギュラーガソリンの平均価格(1リットルあたり、3月26日時点)は、6週連続で値上がりして前週に比べて2円高い157.6円。最高値は長崎県の163.2円。東京都(160.5円)や長野県(160.3円)など、8都道県で160円を突破した。

イラン情勢の影響に円安が原因

いまや160円台に突入! ガソリン価格はまだ上昇する?(写真はイメージ)
いまや160円台に突入! ガソリン価格はまだ上昇する?(写真はイメージ)

   石油情報センターによると、ガソリンの平均小売価格が1リットルあたり160円に迫る高値水準を記録したのは、2008年10月14日(161.6円)以来3年5か月ぶり。イランへの経済制裁に伴う緊迫化によって、原油価格が高止まりしていることが原因だ。

   原油価格の代表的な指標であるニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米国産ウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が2012年3月20日に、サウジアラビアが増産の意向を表明したことからやや下落したが、それでも1バレル100ドルを大きく上回る状況が続いている。

   さらに、最近の円安基調が原油の輸入価格を押し上げている。

   石油連盟の天坊昭彦会長(出光興産会長)は3月21日の定例会見で、「2月以降、原油価格は円ベースで12円上がっているが、末端のガソリン価格の上昇は8円ほどで、上昇基調はもう少し続くのではないか」と語り、ガソリン価格はまだ4~5円は値上がりする可能性があるとの見方を示した。

   また、石油情報センターも「ガソリン価格はいくらか穏やかになったが、まだ値上がり傾向にある」としており、「高止まり」の可能性もある。

   一方、ガソリンの平均小売価格が3か月連続で160円を超えた場合に適用されるガソリン税の減税措置は東日本大震災以降、現在も凍結されているが、資源エネルギー庁は「凍結の解除には別途、法改正が必要になりますが、今のところ具体的な話はありません」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中