2018年 7月 19日 (木)

「小中学生でピアス」は是か非か 「なぜダメ」娘に言われて悩む親

印刷

   「ピアスの穴を開けたい」と小中学生の女の子に懇願されたという親が、インターネットの質問サイトで相談するケースが多いようだ。

   学校の校則で禁じているところもあれば、許容しているケースもあるようだ。娘を持つ親に聞くと、「非行につながる」と考える人、自分の娘だけがピアスをしないことで「浮いてしまうのでは」と懸念する人とさまざまだった。

小学校高学年でピアス「中学進学で外していた」

小学生でピアスは早すぎる?(写真はイメージ)
小学生でピアスは早すぎる?(写真はイメージ)

   質問サイト「OKWave」や「Yahoo!知恵袋」を見ると、「小中学生でピアス」に関する相談内容は定期的に投稿されている。「小学6年生の娘がピアスの穴を開けたいと言っている」という相談者は、見た目で判断される年頃にわざわざ悪ぶる必要はないと諭すものの、「周りはやっている。なぜ自分だけダメなのか」と反発されて困った様子だ。また、中学生が両耳にピアスをつけている姿を見て「あぜんとした」という意見や、「中学3年生でピアスは内申に響きますか」と、中学生本人からと思われる問いかけもあった。

   回答も、「おしゃれをしたい気持ちは分かるが、ピアスまではどうか」との反対意見もあれば、「本人の好きにさせればよい」と考える人もいる。

   この議論は、どうも今に始まったことではなさそうだ。ある20代女性は、「自分が小学校高学年だったころ、ピアスをしていた同級生が2、3人いました」と打ち明ける。学校側も寛容だったのか、特に問題視されてはいなかったそうだ。女性の記憶では「おしゃれに敏感な子たちだった」が、問題児だったわけではないという。ただ、中学に進学すると校則が厳しくなったためか、ピアスは耳から外していたとの話だ。

   小中学校では、ピアスを校則で禁じているところがある。私立中学の教師に聞くと「もちろん禁止です」と即答した。仮に違反した生徒が見つかったら、学校側で本人や親を呼んで面談を実施し、学校に在籍している間はピアスをしないよう厳重に戒め、指導すると説明した。

   ただネットの投稿の中には、「校則で禁止されていない」との主張もあった。学校によって、対応にばらつきがあるのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中