野田首相「政府姿勢踏まえた」 鳩山氏イラン訪問、問題視せず

印刷

   野田佳彦首相は2012年4月11日の党首討論で、鳩山由紀夫元首相のイラン訪問について、「政府の基本姿勢を踏まえて対応したと思う」と問題視しない姿勢を示した。

   鳩山氏が国際原子力機関(IAEA)を批判したとして、イラン大統領府がサイトに「鳩山氏発言」を載せていた。鳩山氏が訂正を求めたところ、イラン側は鳩山氏に謝罪し、サイトからも発言を削除した。しかし、朝日新聞報道などによると、大統領府の担当者は、謝罪はしたものの、鳩山氏の発言があったことは「事実だ」と述べたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中