2020年 1月 21日 (火)

「モテキ」久保ミツロウがテレビ初登場 「東京でも関西弁の男は嫌」

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   漫画「モテキ」などで知られる人気漫画家の久保ミツロウさんが初めてのテレビ出演を果たした。実は女性だったことや「東京でも関西弁の男は嫌」発言などが話題を呼んでいる。

   久保さんは1975年生まれ、長崎県佐世保市出身。99年に漫画家としてデビューした。漫画誌「イブニング」(講談社)に連載していた「モテキ」が200万部を超えるヒットを記録し、2011年には森山未來さん主演で映画化された。

エロ漫画も視野、本名は「久保美津子」

   これまでメディアに顔を出すことはほとんどなかったが2012年5月21日放送の「笑っていいとも!!」(フジテレビ)で初めてテレビに登場した。

   スタジオで「久保ミツロウ先生です」と紹介されると、出てきたのはスカートを穿いた女性。ワンピースを着て、帽子をかぶり、めがねを掛けている。「女の人ですよね。女装している方じゃないですよね」と聞かれると、「一応性別としては女性です」と語る。本名は久保美津子で、少年誌に連載を始めたときにペンネームを「ミツロウ」にした。

「いつかエロ漫画を描くことも視野に入れて久保ミツロウにした。いつまでも少女漫画や少年漫画を描くのは難しい。自分の幅を狭めないようにした」

と説明する。

   これまでテレビ出演は断ってきたといい、「漫画家がテレビに出ても、そんな暇あるなら漫画描けって必ず言われる。女の漫画家が顔出したところで罵詈雑言しか言われない」。今回は大好きなタモリさんに会うために出演を決めたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中