2019年 9月 20日 (金)

「初音ミク」ロンドン五輪出場決定!? 海外メディア報道で盛大な空騒ぎ

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   バーチャルアイドル「初音ミク」が、ロンドン五輪で歌を披露することになった、とネットで大盛り上がりになっている。

   海外メディアが報道したもので、作曲家で東京音楽大学教授でもある三枝成彰さん(69)が五輪委員会から作曲と公演プロデュースの依頼を受けていて、自身も大好きな初音ミクを起用し、世界に「クールジャパン」を披露する、というのだ。

   初音ミクが2012年7月27日から8月12日まで開催されるロンドン五輪に出るらしい、という噂が立ったのは6月14日頃から。

五輪の開会式は初音ミクの歌で決まり!?

   ネットで話は大きく膨らみ、「五輪の開会式で歌うらしい」「会期中にコンサートが行われる」「三枝成彰が五輪委員会から依頼され作ったオペラに出るらしい」などと様々な噂が乱れ飛んだ。

   このネタ元になったのが、台湾の大手ゲーム総合サイト「巴哈姆特(バハムート)」に掲載された記事で、2012年5月26日に台湾のポータルサイト「中時電子報」にも配信された。

   記事の見出しは「初音ミクがロンドン五輪で歌唱?三枝成彰が五輪の曲を作曲中」で、三枝さんが先ごろ行われたインタビューで、ロンドン五輪で行われる初音ミクのコンサートの作曲をしていると明かした、という。

「初音ミクはパソコンソフトで、多くのユーザーが作曲し初音ミクに歌わせているが、私もその1人に過ぎない。若くて優秀な初音ミク使いがたくさんいて敬服させられる」

などと謙虚に語ったと書かれている。

   また、三枝さんは「アトム」や「ガンダム」などアニメ映画の作曲を手がけた経験もあり表彰されている。初音ミクはアメリカ、タイなどワールドワイドにコンサートを展開していて、音楽に限らずユーザーたちは、アニメやCG動画、イラスト、ダンス、コスプレなど様々な創作を持ち寄り、協力し一つの作品を組み立てネットで公開している、と書いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中