2018年 7月 22日 (日)

「DNS Changer」代替サーバーの運用停止

印刷

   パソコン(PC)などの「DNS設定」を勝手に書き換えて不正サイトに誘導するコンピューターウイルス「DNS Changer」に関して、米当局が2011年11月に不正なDNSサーバーを撤去して代わりに設置したサーバーが、米国東部時間2012年7月9日午前0時1分に停止した。サーバーを監視していた団体「DCWG」が発表した。

   「DNS Changer」がPCに感染したまま気付かずに使用していた場合、サーバーの停止が影響してインターネットに接続できなくなる恐れがある。コンピューターセキュリティー関連の情報を発信する一般社団法人「JPCERTコーディネーションセンター」では、ウェブサイト上に感染確認用の専用ページを設置。そこでは「不正なDNSサーバーを参照していない」ことで、感染の有無が判断される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中