「竹島は不法占拠」玄葉外相、民主政権で初言及

印刷

   玄葉光一郎外務大臣は2012年8月22日の参議院決算委員会で、韓国が竹島を実効支配していることについて「我々が管轄権の一部を行使できない状況にある。この状況は、不法占拠であると言っていい」と非難した。民主党政権の閣僚が「不法占拠」という表現を使ったのは初めて。

   民主党政権はこれまで、韓国との摩擦を避けるため遠回しな表現を使ってきた。10年4月には岡田克也外務大臣(当時)が「交渉当事者として不必要な摩擦を招かないようにしたい」などと発言しており、その後の閣僚もこの立場を踏襲してきた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中