2018年 7月 21日 (土)

野田首相、天皇陛下への謝罪要求に「改めて謝罪と撤回すべき」

印刷

   野田佳彦首相は2012年8月23日の衆議院予算委員会で、天皇陛下に過去の植民地統治に関する謝罪を求めた李明博大統領の発言について「相当に常識から逸脱しており理解に苦しむ」と述べ、「あらためて謝罪と撤回をすべきだ」と表明した。

   これに対し、韓国大統領府の関係者は「話にならない。主張に答える必要を感じない」と話していると、韓国の通信社「聯合ニュース」が8月23日に報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中