2019年 9月 20日 (金)

「小切手野球」でぶっちぎり優勝の巨人 「勝って当たり前」と周囲の目は冷ややか

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2012年のプロ野球セ・リーグは巨人が3年ぶり34度目の優勝を飾った。勝率6割8分1厘、貯金43、2位中日に11ゲーム差のぶっちぎりゴール。勝因は大金で選手をかき集めた「小切手野球」。盛り上がらない理由だ。

総額7億6500万円の新加入主力選手がおおむね活躍

   優勝コメントを用意していたのだろう。いつになく原辰徳監督は感動的な言葉を羅列した。「選手は冷静に、高ぶらず、平常心で戦ってくれた」と。

   7月1日に首位に立つと、以後は首位の座を一度も明け渡すことはなかった。「スタートでつまずき苦しみを味わった」と、原監督は楽勝ではなかったことを強調したものの、だれもそうは見ていない。「断トツ優勝」とメディアは一斉に評した。

   周囲の声は白けている。「あの戦力だもの、勝って当たり前だろ」「あれで負けたら原はクビだよ」etc…。

   そう、あの戦力は他チームではそろえられない。とりわけ投手陣。杉内俊哉、デニス・ホールトンの加入が大きかった。ともにソフトバンクから獲得した。昨年、杉内は8勝、ホールトンは19勝(最多勝)。二人とも予想通り2桁勝利を挙げた。杉内はノーヒットノーランも達成している。

   打者では昨年20本塁打の村田修一をDeNAから獲得した。好不調の波はあったものの、一時は4番を打ち、三塁の座を守り切った。

   巨人はどのくらい資金を使ったのか。3選手とも高給取りである。今季の年俸は杉内が3億5000万円、ホールトンは1億9500万円、村田は2億2000万円。しめて7億6500万円-。優勝を小切手で買った、といわれるゆえんだ。

   巨人は勝つために大金をつぎ込む。これまでその繰り返しで、他チームの大物選手を取っては優勝を手に入れている。今もそのやり方は変わっていない。親会社、関連会社がマスメディアということもあって、負けるイメージを恐れる意識は他球団と比較にならないほど強い。補強のすごさは素晴らしい企業努力なのだが、それが度を超すと今シーズンのようにバランスを崩してしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中