2020年 10月 20日 (火)

橋下市長は「妄言製造器」 韓国紙、竹島「共同管理」発言を批判

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   大阪市の橋下徹市長の発言が、また韓国で批判にさらされている。竹島(韓国名・独島)をすでに韓国が実効支配しており、武力で覆すことが現実的でないことなどを理由に、「共同管理」に持ち込むべきだと訴えたのだ。韓国メディアからは、この発言に対しても「妄言」との指摘が出ている。

「実効支配という事実を武力で変える事は無理」


   橋下市長の発言が出たのは、2012年9月23日に行われた公開討論会。領土紛争について問われた橋下市長は、

「1952年に李承晩ラインを引かれて、拿捕をやって、漁民も三千何百人抑留された。武力衝突もあって、そういう歴史を僕らは習っていない」

と、竹島の韓国による実効支配が武力行使によって始まったことを指摘。その上で、

「実効支配という事実を武力で変える事は無理」
「国際司法裁判所(ICJ)に訴えて、どうやって共同管理に持ち込むかという路線にかじを切るべきだ」

などと述べた。これは、「竹島は日本固有の領土」だとする従来の政府見解から転換するもので、「これまでの日本側の主張を1歩後退させ、韓国側に譲歩した」との解釈もできそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中