テレビ朝日、プライムタイムで平均視聴率首位獲得 開局以来初

印刷

   テレビ朝日が今年度上期(4月~9月)のプライムタイム(19時から23時)の関東地区での平均視聴率で、1959年の開局以来初めてとなる1位を獲得した。2012年10月1日、発表した。

   ビデオリサーチの調べによると、平均視聴率は12.2%だった。ゴールデンタイム(19時~22時)と全日(6時~24時)では2位となり、ゴールデンタイムについても開局以来初の快挙という。

   同局は要因として、サッカーW杯アジア地区最終予選4試合の高視聴率とバラエティー番組の好調をあげている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中