2018年 7月 19日 (木)

丸谷才一さん心不全で死去 87歳

印刷

   日本の文学界で幅広く活躍した丸谷才一さん(本名・根村才一)が2012年10月13日に心不全で東京都内の病院で死去した。10年に胆管がんが見つかり、最近では心臓病の手術を受けていた。87歳だった。

   丸谷さんは山形県鶴岡市出身で、東大英文科卒業後は高校、大学で教鞭を取った。そのかたわら、翻訳、小説、評論など幅広い執筆活動を行い、1968年には「年の残リ」で芥川賞を受賞。85年には「忠臣蔵とは何か」で野間文芸賞を受賞するなど多数の代表作があり、10年には日本芸術院会員、11年には文化勲章を受章した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中