2019年 11月 19日 (火)

本当の「壁ドン」は? 「隣人にドン」「ラブラブにドン」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   J-CASTニュースは2012年10月18日、ネット上で「壁ドン」なる言葉が流行っていることを取り上げた。「ツイッターで謎の『ブーム』 『壁ドン』とは何なのか」。さっそく反響があった。2ちゃんねる界隈で目立ったのは意外にも「俺の知ってる壁ドンと違う」という声だった。

   J-CASTニュースは誤報だったのか? 実は壁ドンという言葉には、同じネット上でもいくつもの意味があるらしいことがわかった。

「壁殴り代行」という定番ネタも

こちらの「壁ドン」を想像した人も多かったようだ(イメージ)
こちらの「壁ドン」を想像した人も多かったようだ(イメージ)

   今回J-CASTニュースが記事にしたのは、主に女性ツイッターユーザーの間で広がっている「壁ドン」で、「壁際に立つ相手に、『ドン』と壁に手を突いて迫る」という、少女漫画などで「ありがち」なシチュエーションを指す言葉だ。記事ではこの「壁ドン」から派生して、「蝉ドン」や「猫ドン」などのネタが派生していることを紹介した。

   一方、2ちゃんねるなどでは上記の「壁ドン」以前から「マンション・アパートなどのうるさい隣人に、壁を殴ることで抗議の意思を伝える」「腹が立ったときに壁を殴る」という意味での「壁ドン」が定着していた。こちらの意味では「壁殴り」と表記されることも多く、「壁殴り代行」というコピペは、2ちゃんねるの定番ネタとなっている。記事中でもこの用法には触れていたが、2ちゃんねらーには「元祖」はこちら、という思いがあったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中