オゾンホール、南極上空で最小に 気象条件が影響

印刷

   南極上空のオゾンホールについて、気象庁は2012年10月24日、問題になり始めた1989年以来で最小になったことを明らかにした。

   上空の低温域が平年より小さかったためという。ただ、気象条件によるところが大きいため、より大きなオゾンホールは今後も発生するとみられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中