2019年 9月 23日 (月)

一橋学園祭、東大「駒場祭」も「禁酒」 「酒飲めない学祭なんて…」反発の声多数

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   大学の学園祭で「禁酒」の動きが広がっている。一橋大学では、2012年の学園祭内での酒類販売、飲酒、酒類の持ち込みが全面禁止されることとなった。

   過去に泥酔者を出したことや、危険な飲酒への意識の低下が原因らしいが、「飲めない学祭なんて楽しくない」などと反発の声が多く上がっている。

「禁酒としなければ一橋祭の開催は認めない」

   2012年10月24日、一橋大学の学園祭の公式サイト「一橋祭(いっきょうさい).com」に「第43回一橋祭における禁酒措置に関して」という文書が掲載された。

   文書では、「禁酒措置」について、大学側から一橋祭運営委員会に決定事項として伝えられた、と説明されている。理由として、11年度の一橋祭で泥酔した一般来場者が救急車で搬送されたが、運営委員でなく大学職員が通報や介抱の対応をしたこと、過度な飲酒を制御できなかったことで委員会は信用に欠ける、などを挙げている。また、禁止されている学内での飲酒などが発覚し、学生間における酒類の危険性に対する意識が低下している、とも指摘している。5月の会合の時点で、副学長から「禁酒としなければ一橋祭の開催は認めない」とまで言われていたという。

   委員会は飲酒規制案の作成や過度な飲酒に対する自主規制の署名を行って、なんとか学園祭で飲酒できるよう働きかけたが、大学側からの信用を得るに至らず、禁酒措置が決定してしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中