2018年 7月 20日 (金)

藤本義一さん死去 直木賞作家、司会でも人気

印刷

   直木賞作家で、テレビの司会等でも活躍した藤本義一さんが肺がんのため、兵庫県西宮市の2012年10月30日、死去した。79歳だった。

   藤本さんは大阪・堺市の生まれ。大阪府立大学在学中に、1957年にラジオドラマ「つばくろの歌」で芸術祭文部大臣賞を受賞し、卒業後、映画会社に入社した。映画監督の故・川島雄三さんに師事して、映画やテレビなどの脚本を手がけた。

   1965年には深夜テレビ番組「11PM」でキャスターをつとめ、人気を博した。68年頃から小説家としての活動を本格化させ、サラリーマンの半生を描いた『鬼の詩』で第71回直木賞を受賞するなど、多方面で活躍した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中