2018年 7月 21日 (土)

名古屋高速のトンネルでナット14本欠落

印刷

   名古屋道路公社は2012年12月12日、天井板が落下した中央自動車道の笹子トンネルと構造が同じ名古屋高速2号東山線東山トンネル(名古屋市)を緊急点検したところ、ボルトを締めるナット14本が欠落していたと発表した。

   NHKの報道などによると、12年9月にも点検が行われていたが、その際は道路の横から目視しただけで、見落とした可能性が高いという。安全性に問題はないとして通行止めの措置は取らないが、夜間に通行を規制して補修作業を進める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中