2018年 7月 18日 (水)

青森の東通原発でも活断層調査スタート

印刷

   原子力規制委員会の現地調査団は2012年12月13日、東北電力東通原子力発電所(青森県)の敷地内にある断層が活断層か否かの調査を始めた。活断層の可能性が高いと判断した場合、東北電力は原子炉建屋などの耐震補強工事を迫られ再稼動が困難になる恐れがある。

   規制委による現地調査は福井県の大飯原発、敦賀原発に続いて3か所目。調査は14日までで、活断層がどうかは20日に開く評価会合で判断する。仮に建屋直下を活断層が通っていた場合は規制委は補強工事をしても再稼動を認めない方針だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中