「早々の選挙公約の反故」 岡田克也氏がブログで安倍首相に苦言

印刷

   民主党の最高顧問、岡田克也氏が2012年12月27日、「安倍内閣の外交-早々の公約反故、信じた有権者に説明を」というタイトルの一文を自身のブログに掲載し、衆院選の選挙公約と矛盾する安倍政権の外交姿勢にクギを刺した。

   岡田氏がブログで指摘したのは、領土問題に絡んで安倍首相は選挙期間中、「竹島の日を政府としてつくる」「尖閣に公務員を常駐させる」との主張を繰り返しながら、政権奪還後は政府としていずれも実施を見送ったことについて。「(先送りした)方向性は非常に正しい」とする一方、岡田氏は「選挙が終わってまだ1週間。あれだけ選挙で言われたことは何だったのか」「信じて投票した方々にどういう説明をされるのか」と批判している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中