2019年 9月 15日 (日)

アントニオ猪木、イスラム教徒だった 入信のきっかけは「イラクの人質救出」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   元プロレスラーのアントニオ猪木さん(69)が、イスラム教に入信していたことを明らかにした。

   インターネット上では驚きの声も上がっているが、入信していたのは21年も前になる。入信の裏側には、猪木さんのあまり知られていない功績があった。

パキスタンの英字紙が報じる

   パキスタンの英字紙「エクスプレス・トリビューン」が2012年12月1日、猪木さんが興行のため訪れたパキスタンで報道陣に対し、イスラム教に入信し、モハメッド・フセインというイスラム名であることを発表したと報じた。

   これを12月25日、イラン・イスラム共和国放送の日本語版「イランラジオ日本語」が記事にしたことで、インターネット上で話題になった。

   多くの人が、「アントニオ猪木がイスラム教ってマジかよ」「いつイスラム教に改宗?したのかね…」「ラマダンの断食とかやってるのか」など、驚きの声や、信じられないという声を上げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中