2018年 7月 23日 (月)

NYタイムズ社説、安倍首相を批判 河野談話見直し「深刻な過ち」

印刷

   米ニューヨークタイムズは2013年1月2日付の社説で、安倍晋三首相が従軍慰安婦問題でのいわゆる「河野談話」を見直す考えを示しているとしたうえで、「日韓関係を悪化させる恐れがある深刻な過ち」と非難した。

   社説では、安倍首相が産経新聞のインタビューに答えた内容を引用。慰安婦問題に謝罪した1993年の河野談話や、95年の「村山談話」について2006-07の第1次安倍政権時に「旧日本軍が直接連行した証拠が見つからなかった」と言及したと指摘。安倍首相を「極右の国家主義者」と評し、「安倍氏の恥ずべき衝動が、北朝鮮のミサイル開発のような問題に対処するための地域での連携を脅かす可能性がある」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中