米議員「慰安婦問題」で日本政府に謝罪求める決議案

印刷

   米ニューヨーク州議会のトニー・アヴェラ上院議員とチャールズ・レヴィン下院議員は、第2次大戦中の「従軍慰安婦」問題について日本政府に公式な謝罪を求める決議案を近く上下両院に提出する予定であると、2013年1月8日にNHKが報じた。

   2人の議員は、ニューヨーク州の公園に建てられた慰安婦の碑の前で会見。2月中にも決議案の採択を目指すとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中