柔道金・内柴被告に懲役5年実刑判決 準強姦事件で

印刷

   教え子の10代の大学生に性的暴行をしたとして準強姦罪に問われていたアテネ、北京両五輪の柔道金メダリスト・内柴正人被告(34)に対して、東京地裁は2013年2月1日、求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡した。鬼沢友直裁判長は「酔って寝ている間に乱暴された」とする被害者の証言の信用性を認める一方、「合意があった」とする内柴被告の主張を退けた。判決によると、内柴被告は11年9月20日未明、東京都八王子市のホテルで、女子柔道部員に性的暴行を加えたとされる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中