ツイッターにサイバー攻撃 25万人分のメールアドレス盗まれたおそれ

印刷

   ツイッターの運営会社は2013年2月2日、同社のシステムにサイバー攻撃が行われ、約25万人分のメールアドレスや暗号化されたパスワードが盗まれたおそれがあると発表した。この25万人はアカウントを乗っ取られる可能性があるため、同社ではパスワードをリセット。利用者はパスワードを設定し直す必要がある。

   それ以外の利用者についても、パスワードを見直すことを求めている。同社の日本語サイトでも、日本語による経緯の説明が掲載された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中