2018年 7月 18日 (水)

「Dの食卓」の飯野賢治さんが高血圧性心不全のため死去

印刷

   ゲームクリエーターだった飯野賢治さんが2013年2月20日に高血圧性心不全のため東京都内の自宅で死去した。42歳だった。

   飯野さんは94年にゲーム会社ワープを設立し、販売本数が100万本を突破したゲームソフト「Dの食卓」の開発で一躍勇名になった。その後、「リアルサウンド ?風のリグレット?」「エネミー・ゼロ」といった話題作を出したが、売り上げは厳しく、やがてゲーム業界を離れ、バンド活動や、小説などの執筆活動、講演などをするようになっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中