「Dの食卓」の飯野賢治さんが高血圧性心不全のため死去

印刷

   ゲームクリエーターだった飯野賢治さんが2013年2月20日に高血圧性心不全のため東京都内の自宅で死去した。42歳だった。

   飯野さんは94年にゲーム会社ワープを設立し、販売本数が100万本を突破したゲームソフト「Dの食卓」の開発で一躍勇名になった。その後、「リアルサウンド ?風のリグレット?」「エネミー・ゼロ」といった話題作を出したが、売り上げは厳しく、やがてゲーム業界を離れ、バンド活動や、小説などの執筆活動、講演などをするようになっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中