2019年 8月 23日 (金)

仕事命じたら部下が「ありがとうございます」 場面を問わず、こう口にする人意外に多い

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   相手に感謝を伝える「ありがとうございます」のひと言が、首をかしげるような使い方をされているようだ。NHK放送文化研究所は上司と部下の会話で、コピーを取るように命じられた部下が、なぜか「ありがとうございます」と返答した例を挙げて説明した。

   ビジネスマナーの講師に聞くと、場面を問わず「ありがとう」を口にする人をたびたび目にするが「誤った使い方で、改めた方がよい」と忠告する。

20代の31%がこういった会話を耳にした

コピーを頼んだら「ありがとうございます」?
コピーを頼んだら「ありがとうございます」?

   上司が「これ、10部コピーとっておいて」と命じると、部下は「はい、ありがとうございます」とこたえた――。NHK放送文化研究所は(文研)2012年12月1日、この不思議な会話をウェブサイトで取り上げた。さらにインターネット調査を実施し、こうした「ありがとう」の用法を聞いたことがあるか質問した。回答者343人のうち、「聞いたことがない」が全体の82%と圧倒的多数だが、「使い方はおかしいが、聞いたことがある」が15%を記録。年代別には20代の31%、10代の26%がこういった会話を耳にした経験があるそうだ。わずかではあるが、10~30代の中には「おかしくない」と答えた人もいた。

   広辞苑を引くと、ありがとうはもともと「有り難う」、つまりなかなかありそうもないとの意だ。一般的に人の好意や親切に感謝する表現で、文研は、例示したようなシーンでは通常部下は「かしこまりました」「承知しました」と返すものだと指摘している。

   インターネット掲示板やツイッターを見ると、「この使い方は変だ」という書き込みが大半だ。だが中には、書類を書くように指示したら「ありがとうございます」と返されたとの声や、自身がクレーム電話に思わず「ありがとうございます」と言ってしまったという「告白」も出た。おおむね「間違い」と認識されている一方、実際のビジネスシーンでは意外に見られる光景なのだろうか。

   コーチングやマナー研修を手がける「ラプラス」社長の長尾円氏に聞くと、「仕事を頼まれて『ありがとうございます』と答えたのは、もしかしたら仕事の機会を与えてもらったことへの感謝かもしれません」と推測するが、「でも、ひと言だけでは前後関係が不明で、意味が通じません。用法としては誤りです」と断じた。自身が指導する受講生に類似の言い回しをする人は心当たりがないが、「何かにつけて『ありがとうございます』を連呼する人は、時折見かけます」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中