ソニー、大崎の自社ビルを1111億円で譲渡

印刷

   ソニーは2013年2月28日、所有するオフィスビル「ソニーシティ大崎」(東京・品川区)の敷地・建物を、日本ビルファンド投資法人(東京・千代田区)と国内機関投資家1社(名称非公表)に譲渡したと発表した。譲渡額は総額1111億円で、ソニーは諸費用を控除した1100億円の現金を受け取った。12年度第4四半期にはこの譲渡にともなう約410億円の譲渡益を営業利益として計上する見込み。

   今回の譲渡は、13年2月7日に公表していた、企業体質強化に向けての資産売却計画の一環として行われた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中