2020年 7月 11日 (土)

「生保受給者は食費抑える知恵付けろ!」 フィフィ発言にライター噛み付き大論争ぼっ発

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   安倍政権が打ち出した「生活保護基準引き下げ」をめぐり、エジプト出身のタレント・フィフィさん(37)とライターがツイッター上でバトルを繰り広げた。

   このバトルを嗅ぎ付けたツイッターユーザーも参戦して盛り上がり、二人のアカウントは「プチ炎上」状態に。生活保護の話となると黙っていられない人は多く、論争に発展した。

「税金に頼らず自立目指して」に「フィフィは貧困層の実態知らない」

   事の発端は2013年2月26日、共産党の議員が参院予算委員会で「小学生と中学生の子供がいる母子世帯が1週間の食費を7000円に抑えて生活している。ガス代節約のため冬でもシャワーだけ、娘の服は2年間1枚も買わずもらい物ばかり。保護費が削られたら食費をさらに切り詰めるしかない」という現状を訴えたことについて、フィフィさんが28日に投稿したツイートだった。

「うち、母子家庭の手当もらえない環境で、私が1人で息子育ててるけど、1週間の食費はそんなもんよ?」
「週の食費を七千円で抑える知恵も努力も無いからいつまでたっても生活にゆとりを実感する事もなく、税金に頼るのでは?働けない状況だから、働いてる者の税金で生活できるんでしょ?その保証で生かされてる事に感謝して、少しでも苦労を受け入れる覚悟で自立を目指して欲しいです。納税は簡単じゃない」

   このツイートを見た上田修子氏というテクニカルライター(操作が複雑な電化製品の取扱説明書やカタログ、点検マニュアルなどを執筆・編集する職業)が、

「フィフィは両親共に博士号を持つミドルクラスで育っているから、貧困層の実態を知らないんだよ。1ヶ月3万円以内で食費を抑えるスキルがあるのは、せいぜいダンナの月給が20万円以上(東京なら30万くらい)ある人達」
「貧困層はそもそも生活スキルが無い。そんなスキルがあれば、生活保護まで落ちないと思うよ。我が家は母のおかげで毎晩おかずが4品並ぶけど、そういうのって、文化的背景が無い家庭では無理なんだよ。それをヒステリックに糾弾しても、社会問題は解決しないと思うよ」

と反論した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中