2018年 7月 20日 (金)

横浜市、「北朝鮮からミサイル発射」と誤投稿 ツイッターでうっかり

印刷
横浜市総務局危機管理室による問題のツイート
横浜市総務局危機管理室による問題のツイート

   北朝鮮が2013年4月10日にもミサイルを発射すると報じられ、日本列島に緊張が高まる中、横浜市の総務局危機管理室ツイッターが午前11時過ぎ、以下のような投稿を行った。

「【ミサイルの発射】こちらは横浜市です。○より本日○時○分ころ(さきほど)、北朝鮮からミサイルが発射されたとの情報がありました。テレビ・ラジオ等で今後の情報に注意してください」

   ぎょっとした人も多かったが、時刻などが空欄なことからもわかるように、これは職員が発射に備え用意していた「予定稿」だった。緊迫状態の中、うっかり発射ボタンならぬ投稿ボタンを押してしまったものらしい。約20分後、危機管理室は「【誤報】先ほど配信したミサイル発射の情報は誤りです。お詫びして訂正します」と訂正・謝罪している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中