オバマ大統領、北朝鮮をけん制「必要なあらゆる措置をとる」

印刷

   アメリカのオバマ大統領は2013年4月11日、潘基文国連事務総長との会談後の記者会見で、弾道ミサイル発射の動きを見せる北朝鮮に対して、好戦的な姿勢を改めるよう要求した。

   また、北朝鮮の核、ミサイル問題について外交的解決を引き続き追求すると述べた一方で、自国民や日韓を含む同盟国の防衛義務を果たすために「必要なあらゆる措置をとる」とも語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中