就職内定率、リーマンショック以来最高に ディスコ

印刷

   ディスコの調査によると、4月上旬の就活モニターの内定率は19.5%で、前年同期より4.6%高く、リーマン・ショック後の就職戦線ではもっとも高い数字を示した。2013年4月18日、発表した。

   調査の対象としたのは、2014年3月卒業予定の大学生の就職活動モニター1288人(現大学4年生、理系は修士2年生を含む)。13年4月1日~8日の期間、インターネットで調査をおこなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中