2019年 2月 19日 (火)

フリージャーナリストがTDLから「無断」動画中継 覆面姿で逃走するも、見つかって謝罪

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   フリージャーナリストの男性がニコニコ生放送の番組で東京ディズニーランドの様子を配信したところ、警備員からの要請で中止していたことが分かった。ネット上でも、配信を巡って騒ぎになっている。

   中止要請を受けたのは、フリージャーナリスト横山緑さんが覆面姿で配信している番組「暗黒放送」だ。横山さんは、ネットニュース「ガジェット通信」にも記事を書いていることで知られる。

パレードの様子などを動画配信し続ける

覆面姿では迷惑か
覆面姿では迷惑か

   横山さんは2013年4月17日昼ごろ、ディズニーランドに入場し、パレードの様子などを動画配信し続けた。しかし、アトラクション「イッツ・ア・スモール・ワールド」の乗り物に乗った後、警備員から後を追われ、カメラを持ったままいきなり場内を走り出した。

   店の中に逃げ込んだものの、出ようとしたところで、警備員らに囲まれた。そして、警備員は、横山さんの配信について、取材と考えており、広報部を通してほしいと説明した。これに対し、横山さんは、「無断でやってしまって、申し訳ありません」と謝罪した。また、覆面のマスクは脱ぐとし、「もうしません」と約束した。

   その後、横山さんは番組で釈明し、今回の行為で、ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドから出入り禁止を言い渡されたと主張した。チケットは取り上げられ、誓約書を書かされたうえ、賠償金の支払いも示唆されたという。ただ、ゲストの夢を壊したことは反省しているとしたものの、出入り禁止などについては、「どんでもねえよ、本当に」「こんな紙っ切れがどうした!」などと怒りを露わにした。

   番組では、「ガジェット通信」の運営会社社長に電話したとするところを見せ、電話口で謝罪の言葉を述べた。横山さんがオリエンタルランドでガジェット通信の名前を出したことを明かすと、電話の相手方から「もうアカンな」「お前、さよなら」と告げられて電話が切れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中