2018年 5月 28日 (月)

就活学生をホテル連れ込みと文春報道 共同通信「調査中」で真偽は不明

印刷

   共同通信社の人事部長(52)が就活中の女子学生をホテルに連れ込んだと、週刊文春が報じた。記事では、共同側は、事実かどうかに答えておらず、J-CASTニュースの取材に対しても「調査中」だとしている。

   週刊文春では、2013年5月16日発売号で、3ページにわたって特集記事を書いている。

「部屋まで入り込んで、関係を迫った」?

   記事によると、共同通信社の人事部長は、12年6月からこの役職を務めており、新卒採用の企業説明会を通じて、東京都内の有名大学に通う女子学生と知り合った。人事部長は、年末の仕事納めとなる12月28日に、「作文を添削してあげるよ」と女子学生を呼び出し、夕食をともにした。仕事についての話は弾んで、終電の時間を過ぎてしまい、そこで、人事部長はいきなり、「僕がホテルを取ってあげる」と切り出した。

   女子学生は、共同通信社に近いホテルを案内されたが、人事部長は、一緒に部屋まで入り込んで、女性学生に関係を迫ってきたという。これに対し、女子学生は、何度も拒否したが、人事部長は執拗に迫ってきたともいう。

   ただ、実際に関係を持ったかどうかは、記事に書かれていない。

   女子学生はその後もメールで抗議してきたため、人事部長は、13年1月8日になって女子学生と会い、2人で話をした。しかし、女子学生は説明に納得せず、人事部長も対応に窮して、翌9日に上司にこのことを報告した。

   人事部長は、1月中旬から会社を休むようになり、休職扱いになったという。記事では、2月1日には人事部長の職も解かれたとしている。しかし、女子学生をホテルに連れ込んだことによる処分はまだされていないと指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中