W杯最終予選オーストラリア戦、平均視聴率38.6% 瞬間最高は試合終了後の46.3%

印刷

   テレビ朝日で2013年6月4日に放送されたサッカー・ブラジルW杯アジア地区最終予選オーストラリア戦の平均視聴率が38.6%(関東地区)だったことがビデオリサーチ社の調べで5日、分かった。

   瞬間最高視聴率は試合終了後の21時23分の46.3%。本田が同点PKを決めた瞬間は45.3%だった。

   WBCオランダ戦(3月10日放送、TBS系)の34.4%を上回り、2013年に放送された番組の中で最高視聴率となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中