俳優・映画監督の塩屋俊さん死去

印刷

   俳優や映画監督として活躍した塩屋俊(しおや・とし、本名智章=のりあき)さんが2013年6月5日、急性大動脈解離のため亡くなった。56歳。

   俳優として「アンボンで何が裁かれたか」「釣りバカ日誌」などに出演。また映画監督としては「0からの風」などがある。後進の指導にもあたり、俳優養成学校「アクターズ・クリニック」を主宰していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中