2021年 4月 21日 (水)

作者が「ハリポタ」著者と分かった瞬間に 売れない小説がアマゾン1位に急浮上

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   イギリスで1500部しか売れていなかった新人作家の小説が、ある日突然、アマゾンの売り上げランキング1位に浮上し、品切れを起こす事態になってしまった。

   実はこの小説、児童文学の金字塔「ハリー・ポッター」シリーズの著者JK・ローリング氏が変名で書いたものだったという。

「これがデビュー小説とは信じがたい」と書評がつく

アマゾンランキングで1位を獲得
アマゾンランキングで1位を獲得

   新人作家ロバート・ガルブレイス氏による探偵小説「The Cuckoo's calling」は、戦争で片足を失い精神的にもすさんだ元軍人の私設探偵コーモラン・ストライクが、ロンドンを舞台にスーパーモデル自殺の謎を追う筋書きだ。2013年4月に刊行され、デビュー作ながら英語圏の各紙で「すばらしい作品で、次回作が待ちきれない。コーモラン・ストライクがあまりにも魅力的で、これがデビュー小説とは信じがたいほどだ」「最初に犯罪小説にハマッた時の気持ちを思い出した」などと好意的な書評が掲載された。

   「著者略歴」によると、ガルブレイス氏は数年間ロイヤル・ミリタリー・ポリス(RMP)に従軍した後、RMPのいわゆる背広組・特別捜査部(SIB)に転属、捜査官としてキャリアを積んだ。2003年に軍を辞してからは、民間のセキュリティー産業に身をおいていた。主人公のキャラクターは自分自身や軍の友人が民間に戻った後の体験を元にしている、という。

   この本が現地時間2013年7月15日、突然、Amazonの売り上げランキングで順位を5000位以上あげ首位に躍り出た。電子版でも同様で、「iTunes Book chart」のトップにつけた。

   あまりの躍進に米アマゾンでは品切れを起こし、現在入荷まで1週間から3週間かかるようだ。出版社によると、増刷をかけている最中だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中