外務省、米公館に近づかないよう注意喚起 国務省のテロ警戒情報受けて

印刷

   外務省は2013年8月2日、米国務省のテロ警戒情報を受けて、海外渡航者・滞在者に米公館に近づかないよう注意喚起する渡航情報を出した。

   国務省は国際テロ組織アルカイダやその関係組織が攻撃を計画しているとして、8月4日は中東や北アフリカの在外公館を臨時休館にする。5日以降も閉鎖を続ける可能性があるという。イギリスやフランス、ドイツもイエメンの現地大使館を一時閉鎖する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中