2018年 7月 23日 (月)

日本の大学の数「多い」と回答した学長は60%

印刷

   朝日新聞社と河合塾の「ひらく 日本の大学」が調査したところ、大学の学長の6割が現在の大学の数が「多い」と認識していることがわかった。朝日新聞が2013年8月5日の紙面で発表した。

   これは2013年4月から全国の国公私立大学739校で調査を行い618校から回答を得たもの。現在大学は全国に783校ある。大学数が「多い」と答えたのは362校(59%)で、「適正」は160校(26%)、「少ない」は17校(3%)だった。

   「多い」ことによる影響を複数回答で尋ねたところ、「学生の質の低下」が83%、「大学の経営難」が73%、「教育の質の低下」が57%となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中