2019年 8月 24日 (土)

「品川庄司」庄司、ツイッター「被害」を報告 ホテル従業員が「住所わかった今度行こう」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春さん(37)が自分が受けたツイッター「被害」をブログで紹介している。たとえば、ホテルにチェックインした際に従業員が「庄司が来た」「住所が分ったから今度行こう」とつぶやかれる、といったケースで、他にもひどい事例があったとしている。

   ツイッターが登場して以来、有名人の行動などがリアルタイムに報告されるようになり、芸能人には一時も気が抜けない状況だ。こうした悪質な例はホテルの名前を晒して問題にすべきだ、といった意見もネットに出ている。

とんかつ店では「めっちゃ怒ってた」と呟かれた

   庄司さんは2013年8月8日付けで「ついてない」というタイトルのブログを書き、「ツイッター」による被害が深刻なことを訴えている。

   ある日トンカツ店に行ってエビフライを注文すると、いつまで経ってもエビフライが来ない。店員に催促するとオーダーミスだった。

「これから作ると言われたからじゃぁもう大丈夫です。と断ったら、数時間後その店員が『庄司エビフライ来なくてめっちゃ怒ってた』と呟かれた」

   そして、「私が悪いの?」と読者に問いかけた。

   あるホテルにチェックインしたときのこと。フロントが、

「今日フロント立ってたら庄司がチェックインしに来てマスクしてたけどバレバレ?(笑)」
「住所見たら私の友達の家から近かったから今度見に行こう」

とつぶやいた。庄司さんは、

「流石にその時はフロントに行ってどういう事ですか?と話に行かせて貰いましたけど(笑)」

と書いている。

   ツイッターが登場してから有名人の目撃情報がリアルタイムでネット上を駆け巡ることが多くなった。中にはパパラッチさながらの行動もある。11年1月11日にはホテル内の鉄板焼き店アルバイトの女子大生が、お客の芸能人カップルについてし、「今夜は2人で泊まるらしいよ お、これは…(どきどき笑)」

とツイートし、2人の熱愛を暴露した。こうした例は頻発している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中