2019年 11月 13日 (水)

サザンライブにネット上で批判 「しばき隊寄り映像を放映」は本当なのか

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   人気バンド「サザンオールスターズ」が2013年8月10・11日、日産スタジアム(横浜市)で実に5年ぶりのライブを開催、大成功をおさめた。

   会場に集まった7万人のファンは歓喜に酔いしれたが、外野ではなぜかサザン批判が起こっていた。「サザンが『レイシストをしばき隊』の肩を持っている」という情報がインターネット上で流れたのだ。

「サザンが味方は心強い」「サザンにまでしばかれる在特」

   13年8月10日夜、サザンのライブに行ったというツイッターユーザーがこんなツイートを投稿した。

「新横浜サザンオールスターズライヴ。新曲『ピースとハイライト』の演奏の際に後ろの大画面で在特会の新大久保ヘイトスピーチデモとしばき隊が戦う映像が映されていて『時代』を感じたな」

   このツイートが拡散され、ライブに行っていない人の目にも触れるようになると、「しばき隊にとって、サザンを味方につけたのは心強い。今までサザンが好きだったザイトク界隈の連中は、アイデンティティーの崩壊に苦しみそう」「全方位からしばかれて、ついにサザンにまでしばかれている材特界隈(原文ママ)」などのツイートが投稿された。しばき隊メンバーとつながりのある参議院議員・有田芳生氏が、8月7日付の朝日新聞朝刊でサザン復活に対してコメントしていたこともあり、「サザンがしばき隊の肩を持っている」「ライブで流れた映像はしばき隊寄りだった」という風になっていった。

   この話題は2ちゃんねるにも飛び火し、「なんでしばき隊なんかを正義として扱うかねえ」「うわ…マジでもう応援できねーわ」「サザンで韓日友好の架け橋だね」など、サザンへの非難や皮肉が多く書き込まれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中