2019年 6月 19日 (水)

陸軍特殊空挺部隊が殺害に関与? ダイアナ妃死因、ロンドン警視庁が入手した新情報

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   1997年に死去したダイアナ元英皇太子妃の死因をめぐり、英国メディアが大騒ぎになっている。2008年には「過失による交通事故死」と結論づけられていたが、ロンドン警視庁(スコットランド・ヤード)が死去について新たな情報を入手し、検証を進めていると発表したからだ。

   警察当局は「再捜査ではない」と強調している上、入手した情報の内容も明らかではない。だが、ダイアナ妃と一緒に犠牲になった人の遺族の声もあり、英メディアでは早くも「他殺説」「陰謀説」が蒸し返されている。

08年には「過失による交通事故死」と結論が出ていた

   事故は1997年8月31日にパリで発生。ホテル・リッツから車で移動していたところ、数人のパパラッチ(カメラマン)から追跡を受け、それを振り切ろうとしてトンネルの支柱に激突して車は大破した。乗っていたダイアナ妃と当時の恋人のドディ・アルファイド氏、運転手のヘンリー・ポール氏が死亡した。

   08年には「過失による交通事故死」だと公式に結論付けられたが、ダイアナ妃が事故後病院に運ばれるまでに2時間もかかるなど不自然な点も指摘されており、他殺説が絶えなかった。

   新展開が明らかになったのは、軍法会議の場だ。軍法会議では陸軍特殊空挺部隊(SAS)所属のダニー・ナイチンゲール被告が違法に武器と弾薬を所持した罪に問われ、事実関係を認めたが、この犯行の重要な目撃者とされるのが、ナイチンゲールのルームメイトだったSAS狙撃手の「兵士N」。この「兵士N」の妻の母親が11年9月、「兵士N」から聞いた内容としてSAS指揮官に送った手紙の内容が明らかになり、大騒ぎになった。

   メディアによると、手紙は8ページに及び、

「彼(兵士N)は妻に、ダイアナ妃の死の段取りをしたのはXXXで、それは隠ぺいされたと伝えていた」

という内容が含まれていたという。XXXはSAS関係者だとの見方が有力だが、SASが関与した理由や、どのように殺害を企てたかなど、詳しいことは分からない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中