2018年 7月 20日 (金)

エイベックス松浦社長、文春の薬物使用報道に沈黙 上場企業としての説明責任はないのか

印刷

   エイベックスの松浦勝人社長には過去に薬物を常習していた疑惑などがある、と週刊文春が報じた。しかし、エイベックスも松浦社長もコメントしておらず、上場企業の説明責任を問う声も出ている。

   週刊文春は、2013年8月21日発売号で、エイベックスが創立25周年を迎えた「裏面史」として、松浦勝人社長「女とクスリ」の特集を組んだ。

過去の薬物常習疑惑などが指摘される

   記事によると、松浦氏は、2002年に引っ越すまで、東京・南青山の自宅で社員や連れてきた女性らとパーティを開いていた。そこでは、参加した女性をベッドルームに連れ込み、性行為をした後に大麻を吸っていたという。大麻とコカインは常習していたと指摘している。さらに、暴力団関係者とも付き合いがあり、MDMA(合成麻薬)を調達していたという。

   このほか、渋谷のプライベートバーで、全裸になった女性タレントを指して性行為をしたと明かすなど、女性関係が派手だったという。

   薬物のことなどはエイベックス社内でも知られ、04年に当時専務だった松浦氏は会社の事情聴取も受けた。しかし、所属歌手らが松浦氏擁護に回り、当時の社長が辞任して、松浦氏が何もなかったことになってしまったとしている。

   文春は、エイベックスなどに事実関係を取材しても無回答だったと記事で明かした。報道後も、エイベックスのホームページや松浦氏のフェイスブックなどでは、記事について何もコメントしていない。J-CASTニュースがエイベックス広報課に取材しても、担当者が外出中と説明するだけだった。松浦社長にフェイスブックを通じてコメントを求めても反応はなかった。

   エイベックスは、1999年から東証一部に上場している。文春報道の真偽は不明だが、株価に影響を与える事案だけに、上場企業がこうしたスキャンダル報道にコメントしないでいいものなのか。

好調な業績から、黙っている方がよいと判断?

   国際金融アナリストの小田切尚登さんは、この点について、次のように言う。

「最近は、企業に対して、内部をしっかり管理できるかというコーポレート・ガバナンスが重要視されるようになってきています。上場企業なら、本来はスキャンダル報道などについて説明すべきであると思います」

   エイベックスや松浦勝人社長がコメントしないことについては、こうみる。

「10年以上も前のことで証拠もないようですので、黙っている方が得策だと判断したのでしょう。弁護士もアドバイザーに就いているはずですから、コメントしてもよいことはないと助言され、ほとぼりがさめるのを待っているのだと思います」

   会社の業績としては、ケータイ向け映像配信サイト「BeeTV」などが好調で、2013年3月期決算では、営業利益が過去最高を記録している。文春報道翌日の8月22日には株価が5%ほど下がったものの、翌23日には報道前に戻っており、小田切さんは、会社の利益が上がっているので、株価に影響しないとの判断もあったのではないかとみている。

   ただ、エイベックスの音楽事業だけは、長期的な低迷から脱していない。そのことから、報道があった背景には、こうした事情が反映しているのではといった穿った見方も一部で報じられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中